大崎上島-教育の島-瀬戸内の離島での学び・教科書では学べない大崎上島学-学校では教えてくれない大崎上島学-広島県豊田郡大崎上島町

歴史ルポ『住吉祭・櫂伝馬競漕』本家本元・東野の『櫂伝馬』を学ぶ。

 毎年8月に入ると、何処(どこ)からともなく太鼓(たいこ)の音が聞こえてくる。海辺を見渡すと、小船の艫(とも)の部分で乗組み員の一人が太鼓を打ち鳴らし、そのリズムに合わせ十数名の漕こぎ手が独特の掛け声で必死に櫂かいをこいでいる姿が目に留とまる。

ここ大崎上島町東野地区では、この時期ごく当たり前のように見かける風物詩(ふうぶつし)である。これが知る人ぞ知る毎年八月に住吉祭りで繰り広げられる熱い戦い、“櫂伝馬競漕(かいでんまきょうそう)”である。

今も民俗文化財として継承されるこの行事について、地元保存会のご協力を得てあらためて歴史を紐解(ひもと)いた。

 そもそも「櫂伝馬」とは、住吉祭りの際、当時動力が無い、神輿(みこし)を御座(ぎょざ)する御本船(ごほんせん)御座船(ござぶね)および、その御供船(おともせん)を曳ひいて行くために使用された手漕(てこ)ぎ船で、櫂伝馬競漕は御本船停船時、任意に行われたため、住吉祭りの主たる行事ではなかった。(注、神輿=祭のとき神霊を移動のため一時的に鎮めたもの、御座=神輿の座すわる席)

 遡(さかのぼ)る事、文政(ぶんせい)七年(1824年)に、大阪の住吉大神を勧請(かんじょう)し、現、東野・古江地区の海岸に社地を築き社殿を普請(ふしん)、文政十年(1827年)に完成。以降、毎年旧暦6月29日に祭礼(さいれい)が行われたことが始まりである。(注、勧請=神の分魂を移し、祀(まつ)ること、普請=建築)

 この祭りは其の後、櫂伝馬祭りとして西の宮島さん(現、宮島―厳島神社)、東の三島さん(現、大三島―大山祇神社)とともに名高く、遠近の参拝者が押し寄せ、海上は参拝者の船で満ち溢あふれ、陸上には地方の興行師(こうぎょうし)が露店(ろてん)を張り、賑(にぎわ)いを極きわめたと云う。

 当時の祭りは、住吉神社(古江区)で祭典を終え、神輿(みこし)は陸路、各地区を経て夕刻、矢弓港にある御旅所(おたびしょ)の厳島神社・延享(えんきょう)二年-1745年勧請(かんじょう)に向かい、海上では、還御(かんぎょ)の際の御本船(御座船)および御供船が陸上の神幸(しんこう)行列につれて櫂伝馬で曳ひかれつつ、矢弓港に辿りたどり着いた。この間に櫂伝馬は各地区沖で、勇壮(ゆうそう)なる櫂伝馬競漕を行った。注、御旅所(おたびじょ)=神輿(みこし)を仮に鎮座する所、還御(かんぎょ)=元の居所へ帰ること、神幸行列=神輿を他所へ移す行列)

 夕やみ迫(せま)る頃、御旅所(おたびじょ)の厳島神社で祭典を終えた神輿みこしは矢弓沖で御本船に御座、御供船を従えて櫂伝馬に曳ひかれて住吉神社に還御(かんぎょ)した。還御の際、海岸では麦わらを積み上げ御灯明(ごとうみょう)として焼き、その炎は天を焦こがし御本船および御供船の紅提灯(あかちょうちん)とともに不夜城(ふやじょう)の観(かん)を呈(てい)し、海岸すれすれに漕がれる御本船および御供船より奏そうする樂(がく)の音(ね)、囃(はやし)は、古今(ここんゆか)しく海に流れつつ還御(かんぎょ)したとある。 

 当時の賑わいがひしひしと伝わり、いかに盛大であったかが窺(うかが)える。

尚、住吉神社(古江区)は明治43年(1910年)に神社、合祀(ごうし)の令により廃社(はいしゃ)となり、同古江地区の古社八幡神宮(こしゃはちまんじんぐう)に合祀(ごうし)された。かくも盛大な祭典も神社の廃社に伴い衰退(すいたい)したが、現在は住吉祭り・櫂伝馬競漕として引ひき継がれている。因ちなみに祭りの御本船(御座船)、御供船は動力船に代わったが現在も祭りの象徴(しょうちょう)として古式(こしき)に倣(なら)っている。

 大正に入り第一次大戦当時、造船業界は好景気が続き大型の櫂伝馬船が多数出現したため、その後の話し合いによって船の規格(きかく)が統一され、現状に及んでいる。注、合祀=別の神社の祭神(さいじん)を一社に合せて祀(まつ)ること。

 船の大きさは全長十一メートル、幅は制限なく概(おおむね)一メートル六〇程度が多い。材質はベンコウ杉、ヒノキ、サクラの木を組合せ、重量、耐久性、重心を考慮(こうりょ)した。幅は揺れやスピードを考慮して伝馬船ごとに特徴を出している。因に建造費は現在一艘400万円位掛かる。櫂伝馬の乗組員は総員18名で船頭(せんどう)、太鼓(たいこ)打ち、司令塔役の剣櫂振(けんがいふり)小学生高学年、水先案内人役の台振(だいふり)小学生低学年-各1名、櫂子(かこ)漕手(こぎて)14名である。(図参照)

 また独特な掛け声と太鼓のリズムに合わせ櫂を漕ぐのも大きな特徴でもある。

報恩ホウオン 栄エイ弥ヤ 栄エイ弥栄ヤエイ 宝来ホウラ 栄エ 弥ヤ歳サ の 歳々ササ

 昭和の敗戦で意気消沈(いきしょうちん)した時代に、郷土を奮(ふる)い立たせる目的で祭りが再開されて久しく、多いときは旧東野町内の各地区沖で競漕が行われていたが、徐々に参加地区が減り近年は、開催日を8月13日とし、東野・白水区を中心に開催している。

祭りの日、観客の声援に応え、負けてなるものかと必死に櫂を漕ぐ櫂子たち、リズムをとって激しく打ち鳴らす太鼓、みんなを鼓舞(こぶ)し船を巧(たくみ)に操(あやつ)る船頭、その雄姿(ゆうし)や醍醐味(だいごみ)は櫂伝馬競漕ならではの光景として今も受け継がれている。

大崎上島町木江(天満地区)「消したい灯・消したい火」大崎上島の歴史。

教科書では学べない大崎上島学・学校では教えてくれない大崎上島学・広島県大崎上島の教育学習は過去の歴史にある。

大崎上島とは「教育の島」として架橋しない離島の一つであり、この島での学習は郷土-大崎上島学として学びの離島社会。

この瀬戸内の離島-大崎上島を「希望の想い」として後世へと継承-伝承してゆき、新たな大崎上島の発見でありますように。

東京家族-ロケ地(木江)

中国新聞2021年8月22日

穂高健一著書[神峰山]

木江を舞台に描かれた女性史-遊廓(遊女屋)

戦争は、終戦や敗戦という言葉だけでは終わらない―

被爆地広島の離島、大崎上島の木江港を舞台に展開する連作短篇集

1958年の売春防止法施行まで遊郭で栄えた瀬戸内海の離島。

ある日、海岸で遊んでいると、遊女の1人が駆けてきて、「死んでやる」と叫びながら海に飛び込んだ…。

以来60年、少年は様々な体験を成熟させ、連絡短篇に結実させた。

昭和20年代、皆が貧しく生きることに必死だった姿こそ、「二度と戦争をしてはならない」という歴史的な証言となる。戦争が残した非情さ、抗うことができない運命のなかで、前向きに必死に生きる10代、20代の遊女と男たち女たちの姿。緊迫の中にも安らぎや楽しみを見出そうとする日々を描く5篇。

消したい灯-木江(天満)

風待ち・潮待ち・大崎上島町木江の歴史

 木江(天満地区)が栄えた時代。戦後、貧しかった中で遊女たちの戦いがあった。

 木江港(天満)は「おちょろ舟」で名高く瀬戸内随一の遊郭街で活気に満ちていた。木造2、3階建ての遊郭(今現在も残る町並み地区)が道路の両側に建ちならぶ。夕刻になると手漕ぎの屋形の「おちょろ舟」が、港内の大小の貨物船に接舷し「姐さん」と呼ばれる女郎を船室に送りこむ。彼女たちは一晩の性を売っていた。

 昭和 33年に売春防止法の完全実施で、港の遊郭の灯が一 気に消えた。入港する貨物船はほとんどなく造船業も斜陽化した。

消したい火-木江(天満)

環境犯罪の過去・消したい過去の歴史

 風待ち・潮待ち、木江港(天満)は環境犯罪地区でもあった。その歴史と史実を消したい過去と思っている人々も存在する。ここ近年、木江(天満地区)の観光地化としてイメージ変えるために大崎上島町教育委員会、大崎上島町観光協会などは、積極的に様々な取り組みをして来た。しかし、地元住民にはイメージを変えるどころか、過去の「消したい火」であり身体が震えるほどの恐怖感を覚える。地元住民の願いは、そっと静かにしてほしいと思っている。地元住民の人々は、環境犯罪の過去を忘れることはできない。それでも過去を捨てて「消したい火」である。

観光地化に疑問視の声

木江(天満地区)の観光地化に疑問視の声

 大崎上島町教育委員会、大崎上島町観光協会が率先して木江(天満地区)を観光地化する計画に疑問視する声もある。木江(天満地区)を観光地化することで地元住民にたいして「観光客に挨拶しましょう」といった天満地区の放送もあった。果たして本当に木江(天満地区)を観光地化して大多数の観光客は訪れるのだろうか。たしかに、木江(天満地区)の歴史には瀬戸内随一の遊郭街で栄えた。大崎上島町教育委員会、大崎上島町観光協会の手腕が問われている。

ヤクザ戦記-治安悪化

木江(天満地区)は最も治安が悪かった過去

 ヤクザ戦記と題しているが、この大崎上島も壊滅的な荒野のような時代もあった。今でも語ることはできない理由がある。大崎上島も犯罪率が高かった。賭博もあり、賭け事で財産を失った人々の悲しみ苦しみも嘆く。いつの日か「ヤクザ戦記-治安悪化」(仮名)と題しての真実を語られる日が来ることを望む。大崎上島も明るく美しく清らかで正しい話題だけではない。